レジェンド声優と懐かしのアニメ

レジェンド声優を軸に懐かしアニメを場合によっては原作もからめて振り返ります
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ランキング
スポンサーリンク
プライバシーポリシー
➀当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 ▲譽献Д鵐廟射イ伐かしのアニメはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
日高のり子と「トップをねらえ!」
0

    今回は日高のり子(日發里蟷辧砲気鵑函屮肇奪廚鬚佑蕕─」です。

     

     

    まずは日發里蟷劼気鵑任后

     

    となりのトトロ【Blu-ray】 [ 日高のり子 ]

     

     

    日高のり子といえばタッチの南ちゃん
    タッチの南ちゃんといえば日高のり子

    というくらいの当たり役でしたね。

     

    もし朝倉南役が当たってなければ日高さんは一時的に声優業をしただけで芸能界に戻っていたかもしれませんね。

    その後はアニメだけでなく本業の歌もラジオもととても活き活きと活躍されています。

    ラジオなどでもファンをとても大切して、好感度の高い声優さんの一人ではないでしょうか。

     

    日高さんは1962年5月31日に生まれました。

     

    1962年と言えば・・・
    大正製薬がリポビタンDを発売。
    後楽園ホールがオープン。
    ジャニーズ事務所創業。
    堀江謙一氏、小型ヨットで太平洋単独横断成功
    という時代でした。

     

    ジャニーズ事務所が創業ですって。


    さて、そんな日高さんは・・・


    子役として活動しながら、高校時代にはいとうのりこ名義でアニメ『ふたごのモンチッチ』の主題歌を歌いました。
    アニメのキャンペーンで各地を回っていたということなので、すでにこの頃からアニメの接点はあったんですね。

     

    その後、アイドルの道に進みNHKの音楽番組レッツゴーヤングのなかで結成されたアイドルグループ「サンデーズ」のメンバーとして活動していたことは有名ですね。
    サンデーズのメンバーとしては田原俊彦や松田聖子の2人がいました。
    また、後の声優としては日高さん以外にも、アンパンマンのバタ子さんでおなじみの佐久間レイさんもいました。
    その他、坂上とし恵、太川陽介、川麻世、渋谷哲平・倉田まり子なども所属していました。

    サンデーズの中ではそれなりの立場にいた日高さんですが、アイドルとしてはブレイクとまではいきませんでした。

     

    そのようななかで声に特徴があることから声優を勧められたそうです。

     

    アニメファンからすればアイドルが声優と聞くと「やめてくれ〜」となりますよね。
    たぶんリアルタイムで日高さんがラジオとかで「声優やろうと思ってるんだけどどうしようかな?」とかしゃべっていたら、やめた方がいいです、とハガキを送っていたかもしれません。

     

    しかし日高さんはすんなり事務所のOKが出たようで、すぐに「超時空騎団サザンクロス」で役をもらっています。

     

    マクロスシリーズと言えば、マクロス、マクロスプラス、マクロス7、マクロスフロンティアなどですが、超時空シリーズと言えば、マクロス、オーガス、サザンクロスです。
    マクロスを作ったスタジオぬえはマクロスの成功のプレッシャーが相当だったようで、だんだんと設定が複雑かつトリッキーになってきました。考えすぎたんでしょうね。
    オーガスはそこそこ人気を得ましたがサザンクロスはさっぱりで半年ほどで打ち切りになりました。
    超時空騎団ってなんだ?

     

    ちなみにいまGAOでマクロス(TV)無料視聴期間です。
    久々、鶴ひろみさんのキム役の声聴きました。

     

    さて日高さんですが、サザンクロスのあとにメカドックで小役をもらったあと、早くもタッチの朝倉南役を獲得します。

     

    タッチは実力はともかく声優として確固たる地位を築くとともに、三ツ矢雄二氏という無二のパートナーを得ることとなった、日高さんの人生を大きく変えることとなった作品です。しかも初期と比べると後期は格段にうまくなっています。三ツ矢雄二氏の指導の賜物といったところでしょうか。
    (三ツ矢さんとパートナーと言っても夫婦というわけではありません。)
    三ツ矢雄二といえば日高のり子
    日高のり子といえば三ツ矢雄二というくらいです。

     

    知りませんでしたが、いまは二人で声優事務所を共同経営してるんですってね。


    しかし、あだち充先生は寛大ですね。
    「みゆき」の荻野目洋子、「日当たり良好」の森尾由美、そして「タッチ」の日高のり子とアニメ作品のヒロインは声優経験の少ないアイドルばかりです。
    みなさん現在も活躍されているのはさすがですが、本人のおかげか、あだち作品のおかげか、どっちでしょう?


    さてさてタッチ以降日高さんの勢いは増します。

     

    1987年
    アニメ三銃士>>>>>コンスタンス
    ついでにとんちんかん>>>>>白井甘子/シロン
    1988年
    パラソルヘンべえ>>>>>内木メゲル
    ピーターパンの冒険>>>>ピーターパン
    らんま1/2>>>>>天道あかね
    1990年
    ふしぎの海のナディア>>>>>ジャン
    1991年
    炎の闘球児 ドッジ弾平>>>>>一撃弾平

     

    上記のキャラクターでわかるのは、ヒロインから少年役にシフトしていることです。

    タッチの南役がインパクトがありすぎて制作側も使いづらい部分があったと推測します。
    仮面ライダーの藤岡弘、状態ですね。
    日高さん自身もそうとう悩まれたようですが、ヒロインとはガラッと違う少年役に活路を見出したようです。

     

    その少年役で初の主役を演じたピーターパンの冒険ですが、声優は
    ピーターパン>>>>>日高のり子
    ウエンディ>>>>>松井菜桜子
    ティンカーベル>>>>>島本須美

    です。

     

    最初、キャストを見たときは何かの間違いかと思いました。

    ウエンディが島本須美さんじゃないの?と思いました。
    当時であれば、そう思う人が多かったと思います。
    そして日高さんにピーターパンが務まるのか?

    結果的には、タイガーリリーの川村万梨阿さんも含めてベストの配役だったと思います。

    少しずつ耳がなじんでいったというよりは当初からはまっていたように思います。

     

    ピーターパン以降は少年役もヒロインできるということでますます活躍の場を広げていくことになります。

     

    声優としての話はここまでにします。


    タレントとしての活躍でよく見ていたのは

    テレビ番組「タミヤRCカーグランプリ」です。
    小倉智昭さんのナレーションで進行する番組です。

    毎回、素人の主に少年たちがラジコンレースをするという番組。
    日高さんはレポーターで少年たちにインタビューする役割でした。
    すでに声優で人気が出ていたので声優ファンもよく視聴していた番組でした。
    いつもニコニコ元気にインタビューしている姿が好評でした。

     

    ラジオでいえば日高のり子のはいぱぁナイトですが、長くなるので面白かったとだけ。


    さて、次はトップをねらえ!です。

     

    主なキャスト
    タカヤ・ノリコ>>>>>日高のり子
    アマノ・カズミ>>>>>佐久間レイ
    ユング・フロイト>>>>>川村万梨阿
    コーチ / オオタ・コウイチロウ>>>>>若本規夫
    ヒグチ・キミコ>>>>>渕崎ゆり子
    タシロ・タツミ>>>>>大木民夫
    副長>>>>>西村知道
    スミス・トーレン>>>>>矢尾一樹


    NHKのBSアニメ夜話などでも取り上げられた作品です。

    あの庵野秀明監督は初監督作品です。

    オタクの人で見てる人は多いでしょうが、オタクじゃない人はあまり見ていないかもしれません。

    作品が公開されてからしばらくはコミケなどでもコスプレする女子が結構いましたので、オタクなら女子でも見ていたみたいですね。


    ただ作品を「語る」のは男子ばかりのような気がします。

     

    そんな作品です。

     

    ーーーあらすじーーー
    人類が宇宙に進出するようになった時代、地球は「宇宙怪獣」と通称される宇宙生物群 (STMC) による激しい攻撃を受けていた。その脅威に打ち勝つため、地球はマシーン兵器の最強型決戦兵器であるバスターマシン「ガンバスター」の建造を進めていた。

    宇宙怪獣との交戦で戦死した提督の娘であるタカヤ・ノリコは、沖縄に所在するパイロットの養成学校に通い、軍人となることを目指していた。彼女の特別な才能を見出したコーチことオオタ・コウイチロウによる厳しい特訓や、同級生による嫉妬やいじめ、憧れの「お姉様」であるアマノ・カズミとの交流といった経験を経て、ノリコは努力や根性によってその才能を開花させ、学校の卒業を待たずしてパイロット候補生となり、戦場である宇宙へと旅立つことになる。

    第2話からはライバルとなるユング・フロイトとの出会いや、ウラシマ効果で遭難直後の姿のまま漂流していた父の乗艦との遭遇といった出来事を挟みつつも、物語は宇宙怪獣との戦いへと移っていく。第3話でノリコは親しくなった男性パイロット、スミス・トーレンと心を通わせるが、スミスは「リーフ64会戦」の戦闘で帰らぬ人となる。スミスを失った失意とトラウマで戦えなくなったノリコをよそに、宇宙怪獣に裏をかかれ太陽系への侵入を許したことにより始まった「火星沖会戦」の戦況は絶望的なものとなっていく。共に戦うカズミやユングも追い詰められていくが、辛うじて迷いを振り切ったノリコは、まだ未完成の状態にあった人類側の切り札、ガンバスターに搭乗して出撃する。死闘の末にノリコは不利な戦況を覆し、宇宙怪獣に一矢報いることに成功する。

    ノリコとカズミは人類の未来を担うガンバスターの正式なパイロットとなり、「太陽系絶対防衛戦」など二人一組での戦いを続けていく。ウラシマ効果でずれていく地球との時間差を織り込みつつ、宇宙で戦うカズミと不治の病に冒されたコーチとの恋愛模様や苦悩も描かれる。やがて宇宙怪獣の殲滅を決意した人類は、ノリコが搭乗するガンバスターと共に、宇宙怪獣の本拠地である銀河系の中心、いて座Aに宇宙艦隊を送り込む「カルネアデス計画」を実行する。コーチと結ばれたカズミも、最終兵器であるブラックホール爆弾「バスターマシン3号」と共にやや遅れて出立する。

    種の存亡を賭けた最終決戦において、人類側は多大な犠牲を払いつつも辛勝するが、ノリコとカズミはバスターマシン3号の爆縮により生じたブラックホールに巻き込まれてしまう。事象の地平面を振り切って脱出する際のウラシマ効果により12,000年が経過した。
    (Wikipediaより引用)
    ーーーーーーーーーー

     

    庵野監督のこだわりが多くつまった作品で、後の作品でもそのエッセンスが散見されます。

    科学考証も正確なようでありながらも実は未知の理論を借用して世界観を作ったりしています。

    実際にはありえないことをスケールをどでかくすることで強引に納得させています。

     

    スケールのでかさでいえば
    全6話の最終回では木星自体を爆弾にして敵である宇宙怪獣を一掃します。
    また敵に立ち向かうために出撃する際は亜光速に突入するので、ウラシマ効果で移動するだけで地上にいる人たちとは時間の進み方が変わり何十年もたってしまいます。
    ウラシマ効果でいえば最終回では木星爆弾の影響で作戦開始から終了まで、主人公ノリコの感覚では数時間ですが地球では1万2千年もたってしまいました。
    スケールでかい。

     

     

    ラストシーン
    地球の近くにノリコたちの乗っているガンバスターが戻ってきました。
    宇宙怪獣を倒しても一万年もしたら、戦争や自然の猛威などで人類は滅亡しているかもしれません。
    モニターで地球をみても真っ暗です。


    だめかと思ったその時です、


    少しづつ地表に灯りがともりだします。


    文字のようです。

     

    人類は生存しており、ノリコたちの功績も受け継がれてきたのでした。
    そしてガンバスターが戻ってきたのを知り出迎えの灯りをともしたのでした。

     

    ↑トップをねらえ!の2大感動シーンの一つです。

     

    もうひとつの感動シーンは、ガンバスターの初出撃シーンです。
    巨大ロボットが腕組して登場するのです。
    これは皆さん直接見て感動してください。

    おそらく男子しか感動しないと思いますけど。

     

    そのほかトップをねらえ!で思い出すのはキャラクターを制作会社自体が裸にしていることですね。
    作中でお風呂のシーンがありますが、それは一応必然があるのでシーンとしては成立しています。

     

    しかし


    パソコンのソフトで電脳学園というのがありました。
    ウインドウズ95の出る前の話です。
    メディアは5インチの薄っぺらいでかいフロッピーだったように思います。

    クイズのゲームで正解するとキャラクターが脱ぐという脱衣ゲームです。


    トップをねらえ!の電脳学園があったのです。
    ガイナックスの公式ソフトです。
    主人公ノリコ、カスミ、ユングの3人が素っ裸です。
    エロアニメ作品でないのにエロゲーに登場させられ脱衣ゲームで脱がされたのはトップをねらえ!くらいじゃないでしょうか。

     

     

     

    もうひとつトップをねらえ!関連で記憶に残るのは、ドラマCDです。

    宇宙怪獣撃退用の新兵器が出来ました。
    歌の力を攻撃力に変えるというものです。
    ノリコやユングの歌では十分な力がでませんでした。
    副長も「江差追分なら自信があるのですが・・・」といいますが、民謡ではだめそうです。
    そこにスミス・トーレンが現れてロックを歌うとメーターを振り切るほどの威力を発揮します。
    宇宙怪獣にも効果抜群でした。

     

    宇宙怪獣は
    踊りながら逃げていきました。


    ドラマCDなのでビジュアルはわかりませんが、どんな踊りを踊りながら逃げていったのか気になります。

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:声優全般

     

     

     

    | 日發里蟷 | 09:56 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP